自分らしさをファッションに活かす

エニアグラム

コロナ禍と言われるようになって、2年が経過しようとしています。約2年もの間、これまでとは異なるライフスタイルを送り、「自分らしく生きたい」と考える方が増えてきたように思います。自分らしく生きるためには、まず「自分を知ること」が大切です。

自己紹介が遅れましたが・・・この度ライティングに携わることになりましたSaoriと申します。オーナーであるモアさんが、顔タイプアドバイザー1級認定講座を四国で初開催してくださったことを機に出会い、エニアグラムファッション®診断の講座も受講させていただきました。

  • 顔タイプ診断®アドバイザー
  • エニアグラムファッション®アドバイザー
  • サイアートパーソナルカラーアナリスト

以上の資格を取得し、香川県で活動準備中です。よろしくお願いいたします。

自分を知ることとファッションは関係する?

エニアグラムファッション®とは

私が何者なのかお伝えしたところで、本題に戻りますね。私がアドバイザー資格を取得しているエニアグラムファッション®︎診断は、心理学とファッションを融合させた診断です。エニアグラム心理学は、「自分を知る」学問として、企業研修やアスリートのメンタルケアに幅広く活用されています。「自分を知る」ことは社会生活や目標を持つライフスタイルにおいて大切だと言えますね。そのような心理学とファッションを融合させることで、内面と外見の両方から自分らしさを追求できるのがエニアグラムファッション®︎です。

これまでのイメコンとの違い

これまでのイメコンは、外見に似合うことで印象を良く見せることが第一にありました。この段階を踏まえた上で、より自分らしく振る舞うためのファッションを考えていくことは本当の自分らしさに繋がります。「イメコンを受けたけれど、似合うものが自分の内面と合っていない」そのような悩みが多く聞かれます。似合うものがわかったら、それを着るつもりでイメコンを受けてみたけれど、その時初めて着たいと思えないファッションがあることに気づいた…そんなことがあります。

ファッションには内面がにじみ出る

ファッションの捉え方は人それぞれです。好みだけではなく、TPOを優先したり、機能性を重視したり、肌触りにこだわっていたり。また、周りの目を気にしている方もいらっしゃいます。イメージを変えたら何か言われそう…とか、ママ友の中で浮きそうだなぁ…とか。このように、内面とファッションは結びついています。ファッションにこだわっているつもりがなくても、ファッションには内面がにじみ出ているんです。

イメコンを受ける理由

「着たくないファッションなら着なければいいよね?」という考えもあるかもしれませんが、そもそもイメコンを受けた理由って何なんでしょう?似合うものを知ってどうなりたいからなんでしょう?「変わりたい」そういう気持ちが少しでもあるから、似合うものを知りたいと思ったのではないでしょうか?今の自分を変えたいのであれば、まず今の自分を知ることが大切です。どうして似合うものを着たいと思えないのか…どうして嫌いなのかを考えるヒントとして、エニアグラムファッション®は有効なのです。

エニアグラムを取り入れた理由

変化=成長を視野に入れた心理学

内面を知るツールが数多くある中で、なぜエニアグラム心理学を取り入れたのでしょう。エニアグラム心理学は自分を知るだけでなく、成長するためにはどんなことに取り組むと良いかを知ることができます。変わりたいと思っていても、100%変わってしまったら、そこには自分らしさはありませんよね。自分が大切にしたいものはそのままに、変わりたいところを変えていけるようにサポートできるのが、エニアグラム心理学の素晴らしいところです。

自分を知ることで似合うファッションを知る

それをファッションと融合させたエニアグラムファッション®は「自分を知り、自分を受け入れることで、より良い自分を目指すためのファッション」を提案するメソッドと言えます。先に紹介した事例の「似合うものが内面と合わない」問題は、自分を受け入れられていないことで内面と合わないと感じている可能性もありますし、自分が目指す方向性だけどまだそこに意識が向いていない可能性もあります。どういうところが合っていないのかを丁寧に読み解いていくことで、似合うものを取り入れられるようになります。心から着たいと思えるものに出会うためには、まず自分を知って、それが自分のファッションにどのように影響しているのかを考えてみてもいいですね。

エニアグラムファッション®の特徴

先程紹介しましたが、「自分を知り、自分を受け入れることで、より良い自分を目指すためのファッション」を提案するメソッドです。ライフスタイルの変化やライフステージが上がる方など、ファッションを変えるタイミングを迎える方にもおすすめしたい診断です。

エニアグラムファッションの9タイプ

エニアグラムファッション®では、エニアグラム心理学に基づき、性格のタイプを9つに分類しています。

  • タイプ1:ストイックな完璧主義者
  • タイプ2:愛情を持って助ける人
  • タイプ3:成功を求めて達成する人
  • タイプ4:独自の世界を持つ個性的な人
  • タイプ5:知識と情報を集める探求の人
  • タイプ6:人と繋がりを求める慎重な人
  • タイプ7:好奇心で動く楽天家
  • タイプ8:自己主張と強さで統率する人
  • タイプ9:平和と調和を求めるナチュラルな人

自己診断は難しい

タイプ名を見ると、複数当てはまると感じる方も多いでしょう。エニアグラム心理学の巧妙なところは、複数のタイプで構成されるグループ分類にあります。例えば、行動に繋がるのが感覚なのか感情なのか思考なのかといったグループ分けや、人への関わり方が積極的なのか消極的なのかあるいは何らかのルールに基づいているのかといったグループ分けがあります。グループが同じ場合は違うタイプでも似たような行動を取ることがあるため、タイプ名を見ただけでは自己判断できない場合が多いのです。

成長のイメージができる

アドバイザーが診断を行い、タイプがわかると、より良い自分を目指すために必要なことがわかります。エニアグラム心理学では、目指す姿がタイプごとに決まっています。例えば、タイプ8の人はタイプ2を目指します。タイプ2に変わるのではなく、タイプ8の良さにタイプ2の良さを加えることで、より良い自分になるというのがエニアグラム心理学の考え方です。元々持つ自分の良さを活かして成長するイメージですね。

成長イメージの先取り

目指す姿がわかると、その姿に似合うファッションを提案します。「まだ目指している段階なのに、そのファッションを取り入れるの?」と思われる方もいると思いますが、ここにもエニアグラムファッション®の意図があります。それは、内面の変化を早めるというものです。目指す自分を先取りしたファッションを取り入れることで、相手が自分に対して持つ印象が変わります。すると、対応が変わってくるので、自分に求められるものも変化してきます。自分の変化に周りを巻き込む形で、変化を早めることができます。

自分らしさとは?

皆さんにとって、自分らしさとは何ですか?また、その自分らしさをファッションに活かせていますか?もし、自分らしさをファッションに活かすことに難しさを感じている方がいらっしゃったら、内面に寄り添ったアドバイスをくださるアドバイザーと出会ってほしいと思います。今、イメコンは多種多様化するとともに、自分らしさを大切にしたアドバイスに重きを置くアドバイザーが多くなっているので安心してくださいね。 また、今回紹介させていただきましたエニアグラムファッション®診断では、自分らしさに焦点を当てた診断をおこないます。自分らしさを模索中の方は、自分を知ることができる上に、ファッションのアドバイスも受けられますよ。ぜひ診断を受けてみてくださいね。

以上、Saoriでした。